お年寄りの食事で気をつけたいこと

お年寄りはあっさりした味付けや食材を好むことがあり、自然に栄養のバランスが崩れやすいです。
特に一人暮らしの場合や、同居でも別な食事を取っているばあいには簡単に済ませられるうどんや素麺、パンなどで済ませる場合も多いです。
咀嚼しにくい肉類、野菜などは敬遠されてしまうため

 

・タンパク質
・ビタミン
・ミネラル
・食物繊維

 

が不足してしまいがち。

 

お肉を食べると若返りが進む可能性も

人間の身体は、約60兆という数の細胞からできています。細胞は代謝によって新しいものに変わっていきますね。

 

この細胞を作るためには、細胞に必要な栄養素を取る必要があります。特に細胞一つ一つを包むための細胞膜が丈夫であることが大切だといいます。

 

実はこの細胞膜の原料になるのが、お肉に含まれるコレステロールなんです。テレビなどを見ているとコレステロールは悪というような話もありますが、コレステロールとたんぱく質がなければ新しい細胞は作りにくくなってしまします。

 

細胞が弱いと具合が悪くなったり、老化が進んだりということになるんです。是非若さを保って健康でいてもらうためにもご年配の方にお肉を食べてもらいたいですね。

 

 

 

高齢者がお肉を食べやすくなる方法

健康に良いのであれば、是非年配の方にも美味しくお肉を食べてもらいたいですよね。
今日は食べやすく調理するときのポイントを紹介します。

 

 

 

・一口大の大きさに切る
・固めのお肉は叩く、皮や脂身部分は切れ目を入れるか取り除く
・しっかりと煮込んで口に入れて崩れるくらいに柔らかく調理する。
・シチューなどとろみが付いた料理を選ぶ

 

 

食事を楽しんでもらえると、元気が出ますし認知症予防になるようです。
上記参考にしてもらいたいですが、どうしても難しい場合にはより食べやすいようにみじん切りにするなど工夫をしてみてください。