トキソプラズマは牛肉にある確率は?

トキソプラズマは牛肉に多いの?

 

妊娠されている方が特に注意している、トキソプラズマ。
いつも通りの食生活でも感染する可能性があるのではと怖くなってしまいますよね。なんとなく頭にある情報として生肉やペットのフンに入っているということは知っているのだけど、よくわからないという方が多いと思います。

 

トキソプラズマって何なの?

トキソプラズマは寄生虫の一種でとても小さくて目には見えないので、ウィルスのようなものと理解してもらって良いと思います。健康な成人であればほとんど症状が出ることはない弱い感染症です。もし症状が出たとしても軽い風邪程度で済むことが多いんです。

 

トキソプラズマは感染症のひとつですが妊婦さんにとっては自身よりもおなかの中の赤ちゃんにとっては悪影響が出ることが分かっています。

 

トキソプラズマに一度も感染したことがない人が、妊娠初期にトキソプラズマに感染した場合、胎盤を経由して赤ちゃんに感染するとされます。これによって脳炎や神経系疾患をおこすなどの可能性があります。妊娠初期の胎内での感染率は17%とされ、この中で重症化するのは60%と統計が出ています。

 

トキソプラズマにならないための注意点

妊娠中にトキソプラズマにならないためには、
馬刺し、ユッケ、生ハムなど生でお肉を食べることは避けなければなりません。

 

肉を調理する際は中までしっかり火が通るようにしてください。また、調理するときの接触もトキソプラズマに感染する可能性がありますので使い捨てのポリエチレン手袋の着用を心がけましょう。

 

生のお肉は避けなければなりませんが、通常は牛肉からはトキソプラズマが出ることはありません。ただし、いくら牛肉にある可能性が低いとはいえ、同じお肉屋さんで混ざるなど牛肉にトキソプラズマがある可能性は0%ではないのは認識した方がよいでしょう。
妊娠中の方はしっかり火を通してからにしましょうね。

 

加熱処理(75℃以上1分間の加熱)で死滅する弱いものなので加熱がしっかり出来ればお肉は安全です。

 

レアやミディアム好きの妊婦さん、しばらくはウェルダンで我慢ですね☆妊娠中のお肉は妊婦さんに必要な鉄分を多く含んでいるためむしろ摂取した方が良い食材です。

 

トキソプラズマの感染経路

妊婦さんのためのトキソプラズマにかかりやすい状態を下に記載します。気をつけていればまったく問題ないことがわかりますね。大丈夫☆

 

  1. 不完全な加熱処理の肉類(豚肉、羊肉、馬肉など)
  2. 水洗いが足りない野菜の摂取・・・土に入っている可能性があります
  3. 海外旅行(欧州、南米など)
  4. 生水
  5. 猫のフン